メリーランド州運転免許証の交付に必要な書類や試験は?体験談まとめ

この記事は4分で読めます

Sponsored Link

こんにちは!chanです(*’▽’)

 

わたくし、この度やっと
アメリカ メリーランド州の運転免許証を
取得しましたー!ヤフー!!

 

 

長かった……今年の1月に来て、免許取りたい
運転したいと思い続けて早4カ月。

 

今日はこの経験をもとに、アメリカでちゃんと
許可を得て運転したい人に情報発信していきたいと思います。

 

 

メリーランド州

2000px-Maryland_in_United_States.svg

まず、アメリカの州についてですが、今回
私はメリーランド州という、小さいながらも
人口が多いところで免許を取りました。

 

(私は日本で免許を取っています。
もしこちらで一からとりたいと思っている方は
また、違う書類が必要になってくるかもしれません)

 

アメリカは州によって、「法律が違う」
言われるくらい、それぞれ規則が違ってきます。

 

例えば、ちょっと試験を受ければいい州、
がっつり講習までしなければならない州、

 

様々です。その中で、メリーランド州は
日本のドライバーに対して少し寛容だなと
感じました。

 

今までは、運転免許を取得するためにテストを
受けなければならないですし、本当に
時間とお金がかかっていたようですが、最近
それが改善されました。

 

おかげで、試験の一部が免除になり
誰でも簡単に取ることができちゃいます!

 

ただ旅行に来て2カ月もいないという人は
わざわざこれを取らなくても、日本で国際免許を
取り、それを持っていたらいいみたいです。

 

なぜこうなったのかというと、簡単に言えば
日本で免許を取るために受ける試験は、
とても厳しく審査され、アメリカからも
「こりゃ厳しいね」
と認められたから、らしいです

 

簡単に言いすぎました(笑)

 

国との関係で必要な試験の内容は
変わってくるようです。

 

因みに、フランスから来た友達は、
「日本人が取る時は、なんでそんなに
手間がかかるんだろうね」
と言っていました。

 

フランス人は、ほぼそのままでいいらしいです。
これは、フランスも右車線だからとかではなく
アメリカとフランスの関係、
アメリカと日本の関係から決まっている事だ
そうです。

 

今回の試験の一部免除は、日本が少しでも
認められたことで、喜ばしいことだと思います。

 

英語が読めない私には救いでした(*’▽’)

yjimage (60)

 

必要書類と準備

 

ここでは必要な書類を簡単にまとめていきます。

 

①自動車運転免許証抜粋証明

免許証は当然日本語で書いてあると思うので、
デュポンサークルという大使館が沢山ある
ところに、日本大使館があります。

 

ネットで調べればすぐわかります。
そこの本館ではなく、左側の小さい建物です。

 

予約はいらないみたいなので営業時間に行ってみましょう。

 

 

②3-Hour Alcohol and Drug Educartion Certificate
(3時間アルコール・ドラッグ講習修了証明書)

これが唯一受けなければならない講義とテストです。

 

ロックビル駅から徒歩15分の位置にあ
WhiteFlint Recovery, Inc.で、火曜日と土曜日に講習を
実施しているそうです。

 

私は、時間がなかったため、ネットにwebサイトが
あるので、それで勉強し、その中の小テストを
受けました。

 

その結果を印刷して、試験場(いつどこで
あるかは毎回変わるようです)にもっていけば
20問のまとめのテストがあります。4択です。

 

これを17問以上正解すればOK!

 

内容はとっても簡単です!(英語さえわかれば)

これをクリアするともらえるものが

「3-Hour Alcohol and Drug Educartion Certificate」です。

 

③パスポート

 

④米国出入国記録(I-94)

米国国土安全保障省のWebページから印刷できます

 

⑤住所確認書類

アメリカの住んでいるところに送られてきた
書類です。2種類いります。

 

例えば、アパートの賃貸契約書のコピー公共料金の請求書

 

銀行から送られてきた書類と、SSNが送られてきたのきの自分の住所が書いてある部分

 

とかです。

 

⑥社会保障番号(SSN)

これは、アメリカに来た時に作っている方が
ほとんどと思います。

ソショセキュリティナンバーです。

 

⑦I-20(学生のみ)

私は必要なかったですが、学生の方は必要に
なるそうですのでお忘れなく(*’▽’)

 

⑧日本の運転免許証

使ってなかった気もしますが、持っていきましょう!

 

Sponsored Link


MVA

 

書類が揃ったら持っていきましょう!

 

今回私が行った場所は、MVA (Maryland Motor Vehicle Administration)
というところです。

 

多分皆さんもここに行くことになると思いますが
本当に人が多いです。

 

朝8時30分~開いているので早くいきましょう
無料の駐車場もありますが、埋まってしまう
事もあるので車で連れて行ってもらう人は
早めか、人が空くランチタイムに行くといいかもしれません。

 

 

内容

内容は簡単、まず受付に行列ができているので
そこに並び必要な書類を見せます。

 

それから受付番号を渡されるので、
アナウンスされるまで待ちます。

 

アナウンスされたらカウンターに行って、
書類を出して、写真撮影と視力検査をその場でします。

 

名前や住所をカウンターの方が打ち込んで
いくので間違いがないか確認するのと、
簡単な質問に答えたらおしまい!

 

その場で交付してくれます(*’▽’)

 

 

 

アメリカは車社会です。

 

電車もバスも安くでありますが、やはり車が
ないと動きにくいなとは思いました。

 

レンタカーもガソリンも安いですよ(*’▽’)

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。