JR山陽線脱線の原因は?賠償金や復旧時間も調べてみた

Sponsored Link

こんにちは!chanです。

 

私も昔よく使っていた、JR山陽線の普通列車が
脱線するという事故がありました。

 

脱線したのは先頭車両だけのようですが、
土砂に乗り上げたそうです。

 

時間:23日午前0時35分ごろ

 

場所:広島市安芸区の瀬野駅と
広島県東広島市の―八本松駅の間

 

この事故の原因は何だったのでしょうか。

 

 

原因

 

けが人はいなかったものの、乗客の124人が
2時間以上車内で足止めされていました。

 

この事故の原因は線路内に流入する土砂で、
自然災害が原因だったそうです。

 

運転手が気付き、急ブレーキをかけたところ
先頭が脱線したようです。

 

その際に、2両目のガラスも割れていたようです。

 

これだけ雨が続いたら、土砂崩れも起きて
しまいますよね。

 

けが人がいなかったのが、唯一の救いでしょうか

 

乗客は午前3時ごろ、JR西が用意したバスに
乗って、降車する予定だった駅へ向かったそうです。

 

深夜だから被害も少なかったのでしょうが、
深夜だからこそ、車内に残された方々の
体力消費も激しかったのではないかと思います。

ダウンロード (18)

 

電車脱線時の復旧時間

 

大体、車両が脱線してしまった場合、
復旧までに平均1日と数時間かかると言われています。

 

なので、もしそのような事故が起こった場合、
電車の復旧を待つよりも、他の方法を
探してみた方がいいかもしれません。

 

もちろん、過去には1日かからずに復旧した
こともあるようですので、そういう時は
しっかり情報を集めることが、大切になってくると思います。

Sponsored Link

 

賠償金

 

今回は、けが人がなかったということなので、
賠償金はJRから払われないとは思いますが、
過去に起こった事故からひも解いていくと、

 

10年以上前になりますが、その時のJRの
過失による脱線事故では多く見積もって

 

死者一人当たり5000万~1億、

怪我人一人当たり1千万

 

ほどだったという声が多いようです。

 

あの時はそのほかにもたくさんのビルが
壊れたので、その賠償金も必要だったと思います。

 

逆に、故意的に電車を止めた、飛び込んだ
などの賠償金も高いようです。

 

1 代行輸送料

(振替乗車などで対応し、振り替えた
他社からの請求額)

(終電間際などで、振替も出来ない場合の
タクシー代)

(地方などで、長距離列車が動かなく、
ホテルなどを手配した場合のホテル代)

 

2 設備損害費

(車両や駅施設等に損害が発生した場合の
修理代等)

 

3 人件費

(その事故により、超過勤務や休みの職員を
動員したりした場合の人件費)

 

これらがすべて、個人に請求が来るわけですから
億越えもただのうわさではないのかもしれません。

 

電車を止めるような行為は、やめましょうね
( ;∀;)

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')