オペアリマッチ先の探し方!新しいホストファミリーを探した体験談

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

こんにちは!chanです(‘ω’)

 

なんとなんと!

私、

リマッチになっちゃいました!!

 

私のアメリカ日記読んでもらっている人は
知っていると思いますが、私はアメリカで
オペアとして働いています。

 

オペアとは、住み込みで子育て、家事などを
する人のことです。

 

詳しくはこちら↓

オペア(Au Pair)格安でアメリカに行く!条件やワーホリとの違い?

オペアの仕事内容は?ホストファミリーの選び方

 

さて、今回リマッチになってしまったのは
こんなことがあったんです……。

 

 

リマッチの確率

 

私がリマッチした理由は……そう、
ホストファミリーの都合とでも言いましょうか、

 

決して仲が悪くなったわけではなく、
仕方ない理由でした。

 

どんなに良くて、楽しい家庭でも、状況が
一転する時はいきなり来るようです。

 

さて、先にあげましたリマッチの確率は
私が実際に来て、見てきたものがネタです。

 

国籍問わず60%です。

 

理由は様々ですが、いつの間にか
いなくなってしまったオペアの子もいます。

 

オペアで行かれる皆さん、リマッチは
他人事ではありません。

 

いつ身近に起こってもおかしくない、明日は
自分かもしれない!

 

オペアにとってリマッチしてしまうことが
何より恐ろしいのです。

 

だって、2週間後までに働ける状況にならないと
強制的にその国から出されてしまうのですから。

 

VISAの期間が残っていようと、お金を持っていて
自分で1か月くらい部屋借りながら、
新しいホストファミリー探せようと
帰らなくてはならないようです。
(実際に交渉してみましたが、あしらわれちゃいました)

 

しかし、リマッチしないといけない時に

新しいホストファミリーが見つからなかったら
どうしよう!

と恐れないでください。

 

私がここに、リマッチした時、どのように
ホストファミリーを探せばいいのか、書いておきます。

 

ぜひ、参考にして、最善を尽くしてみてください!

 

 

ホストファミリーの探し方

 

まずは私と同じIntrax オペアケアの方。

yjimage (3)

リマッチが正式に決まった次の日に
会社からメールが来ます。

 

そこにリンクが張ってありますので、そこから
自分のプロフィールに補足をしていきます。

 

ホストファミリーからはりマッチになった理由が
書かれています。

 

メールが来るまでにできることは、
今のホストファミリーのところで
どんなことをしてきたのか、ケアしていく中で
なにが大切と思っているのか、

 

など、

 

いくつか質問がありますので、先に英語で
文を作っちゃいましょう!

エリアディレクターに言えば、添削もしてくれます。

 

では、次。

これはみなさん共通してできることです。

 

Sponsored Link


 

「オペア掲示板」

と検索すると、オペアを探している
ホストファミリーからのメッセージや、
オペアの人が、ホストファミリーを募集している
メッセージがあります。

 

(面倒くさくなってきたので、これから
ホストファミリーのことは“HF”と書いていきます)

 

そこから返信したり、自分もトピ立てたり
してみるといいかもしれません。

 

 

Facebookリマッチグループ

 

次は、Facebookを使ってホス……HFを探す方法です。

 

Facebookの中にはいくつものオペアのための
グループが存在します。

 

そこのグループに入り、ホストファミリーを
探していること、自己紹介、自分の好きなこと
子供との関わり方など、英語で書き込みます。

 

そうすると、気になった人からメッセージが
来るといった具合です。

 

 

私が経験した結果から言うと、リマッチ相手は
高確率で見つかります。

 

こちらが細かく選ばなければ、ですけど。

 

(交通事故を起こしたりしていたらわかりませんが……)

 

なかなかオファーが来ないときは遠慮なく
エリアディレクターに相談してください。

 

 

私は、いろいろ考えて、日本に帰ろうと思います。

 

リマッチになった方、気を落とさずに、
前を向いて進んでください。

 

そうすれば今何をすべきか見えてきます。

 

それでも、どうしてもHFが見つからない、
でも、どうしても続けたい!という方は
違うのオペアの会社からでも、紹介してくれる
機関があります。

 

少しお金はかかりますが、そういうところに
依頼してもいいかもしれませんね!

 

頑張りましょう!

 

因みに、私は最後に子供たちと撮った写真を
アルバムにして渡しました。

 

子供たちは小さいけれど、私も映っている
写真を入れ込んだので、それを見て
少しでも覚えていてくれたらと思っています。

 

寂しいですが、またスカイプなどで話そうと
約束したので、近々顔は見れると思います!

 

 

何かあればお手伝いできるかもしれませんので
困っている方は気軽にメッセージに書き込んでください(‘ω’)

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。