増田康宏四段の大学や成績は?藤井四段とトーナメント初戦で対局!

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

こんにちは!Chanです(*´ω`*)

 

今朝、眠たい目をこすりながら
今日の仕事のチェックをしていたとき、

最近あまり見なかったんですけど
テレビの電源を入れてみたんです。

そしたら将棋界の若きエース、
藤井聡大四段のことで持ちきりじゃないですか!

 

インタビューにも出ていたし、
なんか、初々しくて見てて
ほっこりした私は、
もう立派なオバちゃんです(笑)

 

とにかく謙虚!という風に
言われてますが、それ以前に
あんなに報道陣に囲まれ、
話せばバシバシフラッシュたかれ
質問だって、何度も同じような質問で
なんて返していいか、あの若さなら
頭真っ白になりそうなのに。

 

よくもまぁあんなに立派に
答えていけるとなぁと思います!

 

そんな、最近テレビに引っ張りだこの
藤井さん、

今度の竜王戦トーナメントでは
まだ四段ということもあり、
一番対戦回数が多いようですが、
そんな彼の注目される戦いの
初戦の相手のことが気になりましたので
紹介していきたいと思います(*´ω`*)

 

 

増田康宏

 

プロフィール

 

生年月日:1997年11月4日

年齢:19歳(2017年6月現在)

出身:東京都昭島市

プロ入り:2014年10月1日

段位:4段

 

彼は16歳という若さで
プロに足を踏み入れ、
これまで注目を集めてきました。

 

藤井4段とは同じ10代として
(プロの中で10代はこの二人だけ)
今回の竜王戦トーナメントは
第一回戦はかなり注目を集めているようです。

 

なので、増田さんとしては、
かなりプレッシャーが掛かる対局と
なるのではないでしょうか。

 

スラムダンクという漫画がすきなんですけど、
その中でもありました。

 

追う者より、追われる者のほうが
背負うものが大きい……

 

あ、スラムダンク数年ぶりに
読みたくなってきた(笑)

 

 

増田さんの師匠

 

将棋の世界には、師匠という方が
いらっしゃいます。

 

増田さんの師匠は

森下卓

という方です。

 

 

17歳でプロデビューを果たし、
現在は50歳にして九段です。

 

新人王戦や全日本プロトーナメントでも
優勝経験があり、
これまでの一般将棋優勝回数は8回だそうです。

 

この方の人柄は周りから見ても
真面目で、礼儀正しく、

 

100メートル先でも、知人を見つけると
丁寧に頭を下げるそうです。

 

また、将棋界に足を踏み入れたことないので
知りませんでしたが、師匠が弟子に
丁寧に指導することは稀だそうですが、
この方は自分の経験を活かし、
懇切丁寧に弟子たちに指導をされていたそうです。

 

その中の弟子の一人が、増田さんというわけです。

 

Sponsored Link


 

人柄と戦績

 

そんな師匠を持ち、若くして
プロ入りを果たした増田さんは
どのような人柄なのでしょうか。

 

将棋を始めたきっかけは5歳の頃、
母親にボードを買ってもらったのが
きっかけだそうです。

 

2006年に、昭島市立武蔵野小学校の
3年の全国小学生倉敷王将戦低学年の部で
なんと準優勝でした。

 

しかし、それでは満足せず、
翌年4年生で優勝を果たします!

 

中学3年製の頃には三段に
なっていたそうです、めっちゃスゴ!!

 

史上5人目の「中学校在学中にプロ入りした棋士」
として注目を集めました。

 

矢倉戦法を得意としていたそうですが、
2017年現在では、左の桂馬の活用が難しいらしく
「矢倉は終わった」と発言したそうです。

 

今では銀冠穴熊や雁木を多用しています。

 

「詰将棋は実戦には出てこない形なので、
(少なくともプロ棋士にとっては)意味がない」
という詰将棋否定派。

子供の頃は詰将棋を解いていたが、
三段時代にそれをやめて以降は解いていないという。
また研究会にも参加しておらず、
もっぱら練習将棋はコンピュータ将棋が相手(2017年現在は『激指13』を使用)。

 

 

Twitterもされてます(*´ω`*)

 

このようなエピソードもあるそうで、

これらのことから考えると、

 

彼はとにかく研究熱心で、
自分のスタイルを、変えていきながら
最良の手を探していくタイプではないでしょうか。

 

そして、自分の将棋にプライドを持ち、
また信じて進んでいこうとするように
思えます。

 

Twitterを見ていると、
ファンの方も多くいらっしゃるようで、
人のコメントとかも丁寧に返したり、
何かあれば、素直に謝ったりできる

とても素敵な方です♪

 

お会いしたことないので、
はっきりとはいえませんが(;・∀・)

 

でも、もしこのような人柄であれば、
今回も「初戦では負けれない」と
強く思い、戦局に挑まれることでしょう。

 

がんばってください!

 

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。