Menu
Close 

   

ショーンホワイトスノーボード板のモデルやブランドは?平昌五輪で使用

 

この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')

ピョンチャンオリンピックのハーフパイプの決勝戦が行われましたね。

決勝戦を制したのはS・ホワイトことショーン・ホワイト選手。

金メダルに輝いた彼のパフォーマンスは目を奪われるものでした。

今回は、この方の使っていたボードやウェアーについてまとめていきます。かっこいい、欲しいと思われた方は是非参考にしてみてください。

ショーン・ホワイト選手

まずは、簡単ではありますが、ショーン・ホワイト選手のプロフィールについてまとめていきます。

本名はショーン・ロジャー・ホワイトさん。アメリカのプロスノーボード、スケートボード選手として有名な方です。またスポーツの世界で注目を集め、スノーボードおよびスケートボードの両競技で記録を積み重ねています。

  • 身長:175cm
  • 生年月日:1986年9月3日
  • 年齢:31歳(2018年2月現在)
  • 出身:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンディエゴ

ハーフパイプにおいて魅力的に見せるには、高さとスピードが必要になります。また、着地の時に転んでしまう選手も多くいらっしゃいます。その中でキレイに滑りきるだけでも凄いですよね。

そして、オリンピックに出て、そこで1位を取った彼は、実質世界一ということになりますね。

ショーン・ホワイトのスノーボードは?

では、簡単に彼のことを紹介したところで、使っているスノーボードのブランドやモデルを見ていきますね。

この画像を見て分かる通り、こちらのボードは「Burton(バートン)」というブランドのものです。

そして、表はこのようなデザインとなっております。

これで探してみた結果、なんと……これはオリジナルではないか、という結果に行き着きました。

ショーン・ホワイトがBurtonと、10年契約というスノーボード界最長の契約を結んでいたのです。これによって、ショーンが10年もの間Burtonのグローバルチームで活動をしております。

これによって、Burtonには「ショーンホワイトモデル」ができました。もちろんウェア以外にもボードやブーツ、ヘルメット

ショーンは、カリフォルニアオフィスにて、さらに素晴らしい商品を作っていくだろう。ちなみにこのオフィスはショーンの兄弟で、長期にわたるこのコレクションの協力者である、ジェシー・ホワイトに指揮されているものだ。

Sponsored Link


ショーン・ホワイトのこの契約に対してのコメント
「自分は7歳の頃からバートンでのライディングを始めた。ジェイクが常にサポートしてくれていた。今いっしょにコレクションのための大きなプランを練っているところだけど、自分の将来にとって、Burton以上にいいスポンサーは考えられない。ありがとう、ジェイク!」

ジェイク・バートン/Burton創立者兼会長
「ショーンについてのコメントをどこからどう始めたらいいかさえわからない。もちろん、彼とまた10年いっしょに仕事ができることは、信じられないくらい幸運だと感じている。私はショーンが小さな頃から、ハーフパイプに恐れもせず彼自身をプッシュする姿を見てきた。そして今は誰もが知るアスリートの一人だ。こんな才能あるスノーボーダー、スケートボーダーになるには、並大抵のことではない。でも、もしあなたがショーンのライディングをみて、凄いと思ったら、彼のデザイン技術もチェックすべきだ。彼の商品はちょうど彼のライディングのように、斬新かつ機能的で、スタイル満点だ」

今回彼が使っているモデルはオリジナルの可能性が高いですが、彼が出した2018年のモデルが出ています。

とにかくデザイン性が高くてかっこいいですね!スベりのプロが提案したので、滑り安さも抜群とイメージできます。

他にも、女性にはこのようなものもあります。

 

え、めっちゃ安い!(笑)

滑りやすさも抜群ですので、今から欲しいという方にはおすすめです(*´ω`*)

まとめ

スノボーを始めたいという方は多いことでしょうガ、どんなボードを使ったら良いかわからない。

そんな方は、腕のいい選手のモデルを使ってみるものも一つの手です。是非参考にしてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')
 

Copyright© chan-blog , 2018 All Rights Reserved.