Menu
Close 

   

逃げハラ上司とは?意味やどういう状況かについてまとめてみた

 

この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')

会社で働いていると、上司からのセクハラやパワハラを受けたなんて会話聞く機会があると思います(そんな機会ないほうが良いですがw)

新しく言葉がまた出てきたんです。

それが「逃げハラ」です。

あなたは逃げハラ、されていませんか?

どんな上司からの行為を「逃げハラ」と呼ぶのか、簡単にまとめていきます。

もし下の行為に、上司の行為が当てはまったなら、どうしたら良いのかも一緒にご紹介していきましょう。

逃げハラの意味は?

セクハラ、パワハラ、モラハラ、そして逃げハラ…たくさん言葉が出てきて意味がわからなくなってきた方もいるのではないでしょうか。

簡単にセクハラやパワハラのことについてまとめていきましょう。

 

セクハラとは

英語のセクシュアル・ハラスメントの略で、性的ないやがらせをすることです

セクハラには、性的な仕方で体に触るなどの身体的な接触による嫌がらせもあれば,言葉によるものも含まれます。

 

パワハラとは

パワーハラスメントの略で、同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内での優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為をいいます。

 

モワハラとは

モラルハラスメントの略で、モラル(道徳)による精神的な暴力、嫌がらせのことです。

目に見える暴力ではなく、言葉や態度による暴力と定義づけられています。

こうしてみると、すでに色々名ハラスメントが存在しますね。

そしてここで出てきたのが逃げハラ…これは一体どういう状況のことを指すのでしょうか。

逃げハラとは、仕事から逃げっぱなしでその人の周囲がストレスを抱えることを、逃げるハラスメントで「逃げハラ」といいます。

造語ですが、これまでにないハラスメントですよね。

自分の仕事が終わってやっと帰れると思った時に、上司から「あ、君、これもやっておいてね」と机に無遠慮にドサッと書類を置かれた時、ドッと疲れとともに殺気が湧くことも…。

もちろんそれが正当な仕事で、ちゃんと自分でしなければいけないものならば文句言えません。

しかし、もしその仕事がその上司のもので、しかもその内容を確認もせずにこちらに投げたのだとしたら…これは明らかにハラスメントですよね。

こっちに積極的にくるこれまでのハラスメントとは違い、上司が逃げるために使われるこの逃げハラ。

あなたの職場は大丈夫ですか?

 

逃げハラ上司の対処法!

仕事を丸投げして、しかもこちらが忙しくしていてもお構いなしの上司。

何故そんなことになるのでしょうか。

その原因は、その上司だけにあらずでした。その理由とは以下のとおりです。

「1つは単純に忙しい場合。自分のことで手一杯のため、指示が適切に下されないことが多くなります。次に考えられるのは、上司が若い頃に仕事を丸投げにされていた場合。つまり、仕事を丸投げにする方法しか知らないことが考えられます。

そして最後が、職場のIT化に追いつけない場合。特に最近は仕事の方法が急速に変化しています。その流れに追いつけない結果、仕事を丸投げにしてしまうケースがあります」

同志社大学政策学部:太田肇教授

参照:http://news.line.me

つまり、逃げハラはジェネレーションギャップからくるものなのだということがわかります。

悪質なパターンもあるでしょうが、それ以上にその上司もその方法しか知らないのです。

ではどうやって解決していけば良いのか…その上司だけでなく、会社自体が体制を変えなければ解決しません。

まずは自分ができることから始めていきましょう!

  1. 仕事を振られた際に上司からきちんと権限をもらう
  2. 数値目標や最低限の情報を共有してもらう
  3. 上司が何も把握していなかった場合には、さらにその先の担当者と直接やり取りできるようにお願いする

 

※もしこれで結果を出せば、この結果は自分の成果と評価されることも!ピンチをチャンスに変えていきましょう。

まとめ

これからも減ることはないであろう逃げハラ…造語ができてしまうほどその上司に困っている方は多いです。

その上司がムカつくという気持ちはわかりますが、どうすればこの逃げハラ上司をコントロールできるか考えてみましょう。

もしそれができて自身の味方につけることができれば、あなたのメリットにもなります!

感情的にならず、論理的に相手に話すことも大切ですよ!やってみてくださいね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')
 

Copyright© chan-blog , 2018 All Rights Reserved.