Menu
Close 

   

金足農業(甲子園)助っ人トランペットの正体は?ブラスバンドの動画も

 

この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')

夏の甲子園2018決勝選、金足農のえぐいトランペット(ハイトーン)が応援歌のタイガー・ラグを華麗に演奏したことで話題になっています。

もしかしてプロ!?とまで言われています。

金足農業(秋田)VS大阪桐蔭(北大阪)の試合を会場で見ていた観客から、

  • 「金農の応援に昨日はいなかったのにめっちゃうまいトランペット加わっててワロタ」
  • 「金足農のハイトーン(高音)出してるトランペット誰?!?!!!???!!!!うっっっっっっま」

とTwitterで上がっていました。

準決勝までのブラスバンドの音とは全く違う音が流れてきたのです。

この奏者は一体何者なのか?もしかしてプロの助っ人?

今回は謎の助っ人のことについてや、その演奏動画をご紹介いたします。

演奏動画を紹介!

まず、その応援のシーンをまだ見ていない、是非観たい!というあなたのために、その演奏の動画をご紹介いたします。

「金足農 えぐいトランペット タイガー・ラグ 夏の甲子園2018決勝」

えぐいトランペットとタイトルを入れられたこの動画は、スタートの時点からハイトーンでガンガントランペットを流しています。

吹奏楽に8年携わっていた私の友人は、これを聞いて「ありえない!こんなにハイトーンで吹くことができるなんて、しかもこんなに長く!」

プロでも外してしまうようなハイトーン、普通こんなにきれいに高い音は出ません!

しかもそのハイトーンを出しているのがすごく長いじゃないですか…この人達は一体何者なの?

Twitterでもすごく話題になっています。

皆、プロが居る!!とびっくりしたとツイートしています。

やはり、動画も撮っちゃいますよね〜!

しかも、準決勝まではこんな演奏者いなかったんですよ?

頭がおかしい、えぐいと例えられるこの演奏者、一体何者なのでしょうか?

助っ人ブラスバンドの正体は?

この演奏者は助っ人で訪れた地元のブラスバンド、「秋田ブリティッシュブラスバンド」なんです。

準決勝までと違う音の正体は、秋田を拠点に活動するアマチュア楽団「秋田ブリティッシュブラスバンド」

秋田工高吹奏楽部のOBたちが平成24年につくった、金管楽器を中心とした英国式ブラスバンドなんです。

同じく秋田出身の金足農業が決勝進出が決まってから、助っ人にいくことを決意!

よっしゃいくぞ!と応援しに飛び出しましたが、楽譜がないのに一体何故こんなにきれいに吹くことができたんでしょう?

楽譜がない中、吹奏楽部の音を「耳コピー」したんです!!

すご〜〜〜い!

「大阪桐蔭の大応援団に対抗するには目立つしかない」と、ハイトーンで吹きまくった結果こんなに注目されることに。

トランペットが4人、トロンボーンが1人、それでこの圧倒的存在感!!

これでこの試合に参加した選手も、観客も盛り上がりました。

まとめ

謎のトランペット奏者は秋田出身のアマチュアバンド「秋田ブリティッシュブラスバンド」でした。

同じ秋田だから応援したい!という気持ちで、耳コピのみでの演奏やこのプロのハイトーン…すごすぎます!

試合に金足農業は破れてしまいましたが、この応援のおかげで盛り上がり、たくさんの感覚たちの心に残るものとなりました。

感動をありがとうございます♪

この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')
 

Copyright© chan-blog , 2018 All Rights Reserved.