宇多田ヒカルが朝ドラとと姉ちゃんで活動再開!旦那や子供の現在は?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

こんにちは!chanです(*’▽’)

 

朝ドラは皆さん観ていますか?
私は家を毎日6時半には出ていたので
観ることはできませんでしたが……。

 

今度また4月から新しく「とと姉ちゃん」
という朝ドラが始まるそうですね!

yjimage (16)

その内容きになりますが、
一番気になったのはあの宇多田ヒカルさんが
主題歌を書き下ろすそうです!

 

久しぶりに聞きましたね!
宇多田ヒカルさんの名前。

image

それもそのはず、彼女は2010年から
活動を休止いていました。

 

理由は「人間活動」をしたかった
からだそうです。

 

なんだろ、それ?(; ・`д・´)

 

そして2016年にしてツイッターに
「仕事の話じゃい!」と切り出し、活動を
再開することを宣言した宇多田さん。

 

今まで活動をしていなかった彼女がなぜ
活動を再開するのか、調べてみました!

 

とと姉ちゃんの内容

 

「とと姉ちゃん」略して「とと姉」は、
昭和を生きた小さな家族の奮闘記。

 

女優、高畑充希(24)演じるヒロインが、
父親代わりとなり母や2人の妹を
引っ張っていく物語です。

 

朝からキュッとした気持ちになりそうな
内容ですね……(*´ω`)

 

Sponsored Link


原作者からのラブコール

 

今回の始まりは、「とと姉」の
落合将プロデューサーが宇多田ヒカルに
主題歌を作ってもらいたいと依頼した
ことからスタート。

yjimage (17)

2010年から無期限活動休止をしてから
2012年に「桜流し」という新曲を
発売しているものの、本格的な活動は
一切していなかった宇多田さん。

 

現在は外国に住んでおり、
落合将プロデューサーは、どうしても
宇多田ヒカルさんに、主題歌を歌って
いただきたいと懇願。

 

その理由は

 

「彼女の奇跡ともいえる伸びやかな歌声を
半年間毎朝、視聴者の方に届けることが
できたら毎日命を削って懸命に生き
抜いているたくさんの人々の足元に
小さな灯をともしてくれると思った」

 

とコメントしています。

 

落合将プロデューサーは

 

「奇跡のようなタイミングで
引き受けていただけた」

 

とコメントとしていることから
宇多田ヒカルさんの“人間活動”
一息ついたことと、心と体と時間に
余裕ができていることが分かりますね。

 

そして何より、落合将プロデューサーの
視聴者への思いと、熱烈なラブコールが
宇多田ヒカルさんの心を動かしたのでは
ないかなと思います。

 

 

では、その宇多田ヒカルさんは
今までどこで何をしていたのか

 

まとめてみたいと思います。

 

 

 

“人間活動”

 

彼女のしたかったという、人間活動とは
何なのか。

 

 

彼女自身休止の理由は

「50歳くらいになったとき、
マネージャーなしじゃ何もできない
痛いおばさんにはなりたくなかった」

「できればボランティアとか人と
関わることようなことを外国でやりたい」

「おばあちゃんになるまで生きたい。
そのときは日本にいたい」

 

と今後の人生を自分自身で見つめる
時間として捉え、自己の向上に努めたい
思っていたようです。

 

しかし、その間に辛いこともあり、
母親を亡くしています。

 

母の突然の死、このことですごく辛い思いを
されたことと思います。

 

しかし、翌年の2014年に
彼女はイタリア人のバーテンダーさんと
再婚をしており、去年の7月には長男が誕生。

yjimage (15)

いやぁ!おめでたい!(*’▽’)

 

現在半年くらいの赤ちゃんの
お世話をしながら作曲しているのでしょうね。

 

とあるニュースでは

 

今、ちょうど曲の真ん中辺りの歌詞残り
一行を絞り出そうとしているところ」
とつぶやき、楽曲制作に熱中している
様子を明かした。

 

と状況を伝えていました。

 

4月から始まる「とと姉」、
内容はもちろん、主題歌にも注目が
集まりますね!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。