中尾明慶の陽性をさんまさんが絶賛!小説を書く理由とその内容とは?

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

こんにちは!chanです(*’▽’)

 

もともとお笑いが好きでしたが、
アメリカンジョークが理解できなくて
困っています(笑)

 

そんなわたくしですが、明石家さんまさん
大好きで、よくあの笑い声でつられて
笑わせてもらってます(*’▽’)

 

そんな明石家さんまさんが大絶賛している
小説があるらしいので紹介させて
いただきます!

 

 

中尾明慶(なかおあきよし)が小説家!?

 

俳優の中尾明慶さんが1月22日発売の
ミステリー小説「陰性」を処女作として
小説を書いていくことがわかりました。

 

作成の期間は1年と3カ月

 

小説の主人公は女性のアイドルで、
妊娠したところから物語はスタート。

 

「ただの若造ですから偉そうなことは書けませんが、死を恐ろしく身近に感じる今、命の重さを発信したくて書きました」

 

と話していたそうです。

 

 

中尾明慶プロフィール

ダウンロード (4)

本名:中尾 明慶

生年月日:1988年6月30日(27歳)

出生地:東京都中野区

身長:172 cm

血液型:A型

職業:俳優

ジャンル:テレビドラマ、映画、バラエティ

活動期間:2000年~

配偶者:仲里依紗(2013年)

事務所:ホリプロ

 

主演ドラマ

『明智小五郎対怪人二十面相』

『GOOD LUCK!!』

『WATER BOYS2』

『H2〜君といた日々』

『ドラゴン桜』

『ブラザー☆ビート』

『セーラー服と機関銃』

『学問ノススメ』

『ROOKIES』

 

主演映画

『キャプテントキオ』

『のぼうの城』

 

仲里依紗さんとの結婚はおめでた婚として
注目を集めていましたね。

 

今回の作品にその時の思いが入って
いるのかもしれません。

 

さんまさんはこの小説に対し、

「まさか面白いと思ってるのは私だけ!?」

とおどけながらも、絶賛していました。

 

Sponsored Link


「陽性」

 

内容は

 

トップアイドルが売れない俳優との子供を
つくり、事務所やマネージャーから出産に
対して猛反対をくらう。

 

更には謎の人物が彼女のスキャンダルを握り
接触してくる、ひどいの逆風の中彼女は
出産を決意し……。

 

謎の人物をめぐり、結末は意外な終着点を
迎える。

 

そんな物語だそうです。

 

では、元は俳優だった彼がなぜ小説を
書こうと思ったのか、

 

そこには彼の思いがありました。

 

 

父親としての自分を振り返って

ダウンロード (5)

彼が出演したドラマ「ROOKIES」で
「不良っぽい役が似合う俳優」
というイメージがついてしまったそうです。

 

しかし、家族と食事をしている時が幸せと
語っていた彼は、同時に自分が背負っている
ものの大きさに築かされると言っています。

 

この幸せを維持するにはどうしたらいいか。

 

自分の守るべきものと向き合い真剣に
今後を考えた結果、自分に対してリミットを
決めたそうです。

 

「30歳までに何かしらで
ステップアップする」

 

「そうしないと10年後を笑顔で
迎えられないのでは?と本気で思っている」

 

不良っぽいイメージや悪役に対しても
今はいいが、子供がそのせいで
いじめられないか心配。

 

引き出しを増やす意味ではどんな役も
やらせてもらいたいけど、「父親」と
しては役を選んでしまう。

 

と本音で話していたそうです。

 

小説家という道は、彼にとって、大きな
ステップアップのため、そして子供や
奥さんのためなのでしょうね。

 

本人は、まだまだ父親になり切れてないと
思っているようでしたが、私は
きっといいお父さんになるんじゃないかなと
思っています。

 

頑張ってください!!

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。