白雪姫がカタールの学校から撤去!問題のわいせつ性的描写のシーンとは?

この記事は4分で読めます

Sponsored Link

こんにちは!chanです(*’▽’)

 

私は、ニューヨークへ行く際、カタール航空
を利用させていただきました。

 

なので、カタールの首都ドーハーで、一度
乗り換えをしたのですが、今そのドーハーで
小さな問題が起こっています。

 

 

学校の「白雪姫」

 

最近、あることをきっかけに、カタールの
首都ドーハーから「白雪姫」の本が
消えたそうです。正確に言えば
「撤去」されたのです。

 

ディズニーでも有名な白雪姫、
その本がなぜ撤去されたのか、原因は
ある保護者のことばっだったそうです。

yjimage (21)

 

父親がクレーム

 

とある児童の父親が、絵本の中にワイセツ
絵や「性的ほのめかし」があると
学校に猛抗議した結果らしいです。

 

猛抗議って(笑)

 

学校から本がなくなるくらいの抗議って
どのようなものなのでしょうか。

 

学校側は

「不快な思いをさせてしまったことを
公式にお詫びしたい」

と述べています。

 

しかし、日本では当たり前のように
読まれているおとぎ話。

 

いったいなぜこんなことになったので
しょうか?

それにはカタールの風習が
深く関係していそうです。

 

カタールの生活

 

カタールの方々の生活に深く影響している
宗教があります。「イスラム教」です。

 

イスラム教にも色々ありますが、彼らの
大半は「コーラン」の教えを守って生活
しているようです(95%イスラム教という
噂も)。

 

なんか難しく聞こえるかもしれませんが、
日本で言う「道徳」的なことの基準が
コーランの教えという事で、
税金がない代わりに貧しい人にお金を
分け与えたり、年の中の1カ月を神聖な月と
して、アルコール摂取や喫煙をしては
いけないとされ、店も早い時間に閉まります。

 

勿論、イスラム教でない方もいますが、
その方は不便しているようですね。

 

そして、知っている方も多いと思いますが、
この国では露出はNG
(強制ではありませんし、絶対でもないです)

 

例え夏の暑い日でも、短パンやミニスカート、
ノースリーブは控えてくださいと
カタール大使館からも言われています
(男性も女性もです)

 

そんな国の宗教もあり、今回クレームに
至ったのかもしれませんね。

 

しかし、「性的ほのめかし」とはどのような
ところでそう思ったのでしょうか。

Sponsored Link


「わいせつ描写」

 

報道によると絵本はディズニーに基づく
内容だったとか。

 

つまり、皆さんの知る「白雪姫」と
何ら変わりはないという事です。

 

これが、原作とか、白雪姫の原黒の
グリム童話の話ならまだしも……。

 

参照・グリム童話白雪姫の大まかな流れ

ある国に、「白雪姫」と称される容貌に優れた王女がいた。しかし彼女の継母(グリム童話初版本では実母)である王妃は、自分こそが世界で一番美しいと信じていた。

彼女が秘蔵する魔法の鏡は、「世界で一番美しいのはだれか」との問いにいつも「それは王妃様です」と答え、王妃は満足な日々を送っていた。

 

白雪姫が7歳になったある日、王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しい女は」と訊ねたところ、「それは白雪姫です」との答えが返ってくる。怒りに燃える王妃は猟師を呼び出すと、白雪姫を殺し、証拠として彼女の肺臓と肝臓(※作品によっては心臓となっている)を取って帰ってくるよう命じる。

しかし猟師は白雪姫を不憫がり、殺さずに森の中に置き去りにする。そして王妃へは証拠の品として、イノシシの肝臓をかわりに持ち帰る。王妃はその肝臓を白雪姫のものだと信じ、大喜びで塩茹にして食べる。

 

森に残された白雪姫は、7人の小人(sieben Zwerge)たちと出会い、生活を共にするようになる。一方、白雪姫を始末して上機嫌の王妃が魔法の鏡に「世界で一番美しいのは?」と尋ねたところ「それは白雪姫です」との答えが返ってくる。白雪姫がまだ生きている事を知った王妃は物売りに化け、小人の留守を狙って腰紐を白雪姫に売りつける。そして腰紐を締めてあげる振りをして彼女を締め上げ、息を絶えさせる。

 

やがて帰ってきた7人の小人は、事切れている白雪姫に驚き、腰紐を切って息を吹き返させる。一方、王妃が再び世界一の美女を魔法の鏡に尋ねたことにより、白雪姫が生きている事が露見する。

王妃は毒を仕込んだ櫛を作り、再度物売りに扮して白雪姫を訪ねる。白雪姫は頭に櫛を突き刺され倒れるが、小人たちに助けられる。

 

今度こそ白雪姫を始末したと上機嫌の王妃だが、魔法の鏡の答えで白雪姫の生還を悟る。王妃は、毒を仕込んだリンゴを造り、善良なリンゴ売りに扮して白雪姫を訪ねる。

白雪姫は疑いも無くリンゴを齧り、息絶える。

やがて帰ってきた小人たちは白雪姫が本当に死んでしまったものとして悲しみに暮れ、遺体をガラスの棺に入れる。そこに王子が通りかかり、白雪姫を一目見るなり、死体でもいいからと白雪姫をもらい受ける。

 

白雪姫を棺をかついでいた家来のひとりが木につまずき、棺が揺れた拍子に白雪姫は喉に詰まっていたリンゴのかけらを吐き出し、息を吹き返す。蘇生した白雪姫に王子は喜び、自分の国に連れ帰って王妃として迎える。

 

白雪姫と王子の結婚披露宴の席。王妃は真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ、死ぬまで踊らされる。

 

最後が(笑)

 

さて、もちろんディズニーではこんな事
ありません。

 

カタールの図書館に置いてあった絵本が
ディズニーであるならば、わいせつと
呼ばれるであろうシーンは一つしか
思い浮かびません。

 

そう、キスシーンです。

yjimage (22)

 

まぁ、確かにバッチリ見えてはいますが……

 

これを見た父親がというより、
これを見た子供がなにかわいせつ的なことを
父親に聞いたんじゃないかと予想しています。

 

子供って純粋ですからね( ;∀;)

 

そんなこんなでカタールのとある学校から
白雪姫は消え去ったのでした。

 

調べた結果、カタールではこのようなことが
何回も起こっているそうです。

 

カタールの制度は厳しいですが、純粋な
方が多そうですね(‘ω’)ノ

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。