バレンタインの手作りプレゼントで失敗した体験談!男性の本音を調査

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

こんにちは!chanです(*’▽’)

 

もうすぐバレンタイン。
皆さん、準備はお済でしょうか?

 

私も昔はバレンタインの度に、プレゼント
選びから渡し方まで練って凝って
してましたねー、いやー、懐かしいです。

 

今はあげる人がいないので寂しい
バレンタインになりそうです( ;∀;)

 

今回は、今までの経験からの教訓と、
去年居酒屋で働いていた時に収集した
男の人の本音トークをまとめてみたいと
思います!

 

 

本気のプレゼント

 

私は昔、好きな人の好物を下調べして、
日本酒が好きだったので、良い日本酒を
購入してプレゼントしたことがあります。

 

バレンタインだからチョコがいいという方も
多いかもしれませんが、チョコが嫌いな
男性も多いと聞きます。

 

知り合いには、プレゼントでせんべいを
あげている人がいました。

 

その人の好みに合わせてあげるのが
一番だと思います(*’▽’)

 

なので私はイチゴ大福に挑戦!
初めて作ったんですけど、何度も失敗して
材料がなくなったりも……(笑)

 

あと、あれは片づけが本当に大変ですね。
もうやめようと思った記憶があります。

 

あと、日本酒はお店の方と相談しながら
選びました。

 

私はここまでしましたが、他にも
普通に物をプレゼントしたり、旅行に
行ったり、形は人それぞれですね!

 

本気のプレゼント、もうカップルに
なっている人はどこまででもやっていいと
思いますし、毎年がきついという方は
頑張りすぎないのもいいと思います。

 

 

片思い

 

まだまだ思いが伝わっていない相手、
そんな人には、やっぱり手作りはNGの
ようです。

 

頑張ってくれたんだなと思う反面、
お返しがめんどくさい、食べないとダメかな、
なんて思っている人もいるらしく、中には
気持ち悪い!

 

と思っちゃう人もいるようです。

 

特に潔癖の方は「トリュフ」はNGみたいです。

 

手で丸めているところを想像するだけで
嫌って言ってました(笑)

Sponsored Link


image (13)

私は、ちょっと本気の人がいるけど、
まだ仲良くなれてない場合はチョコや飴などの
お菓子(ブラックサンダーやチロルなど)を
いくつか買って、それを自分でラッピング
しました。

 

ブラックサンダーに関しては
「義理チョコ専門店」
も、だしているようですよ!

ホワイトデー限定義理ブラックサンダーとは?プレゼント注意点まとめ

 

中身は普通にものかもしれませんが、
自分のオリジナルのラッピングをすることで
少しだけ周りと違う、少しだけ特別
という風に、重くならない感じで喜んで
もらえるみたいです!

 

 

では、先ほど書きました私の体験談、
そこから学んだことを書いていきたいと
思います。

 

「食べ物」は心にシまっちゃう

 

日本酒にイチゴ大福、買ったもの、手作り、
どちらにせよ口に入るものです。

 

その時はもうすっごく喜んでくれていました。

 

しかし、何カ月か後、

「バレンタインに貰ったガトーショコラさ、」

「え?なんて?ガトーショコラ??」

「あれ、トリュフだっけ?」

 

あれだけ喜んでくれてたのに……。
因みに日本酒のことも忘れている感じでした。

 

悲しい( ;∀;)

 

食べ物は食べるのと同時に心の奥底に
しまって、頭の中には残っていないようです。

 

全ての男の方が!とはいいませんが、
本気の場合は、あとあと残るものにしていた
方がいいみたいです。

 

あー、もうショックだ( ;∀;)

 

形に残るプレゼント

 

だいたい皆さん3千円~1万円くらいで
購入されているようです。

 

予算高めの方は割と高収入の方が多い
ようでした。

 

学生の方はだいたい3千から6千円くらい。

 

物も、その方の年齢により違うみたいですね。

 

どのようなプレゼントをされているのか
まとめてみました。

 

・ネクタイ

・パンツ

・シャツ

・アクセサリー

・ひげそりなどの電化製品

・一緒に買いに行く

 

このような結果でした。

 

これに手頭久利のお菓子と、ちょっとした
メッセージカードを付ければ完璧ですね♪

 

男性の本音

 

これは私が去年居酒屋で働いていた時に
30から40歳の方に聞いたものです。

 

「プレゼントって何がうれしいですか?」

 

この質問に

 

「基本的にはなんでもうれしい」

 

とほとんどの方が回答。
しかしこれにはまだ続きがありました。

 

「ただし、あまり高価なものは、例えば
ネクタイとか、嫌かなぁ。いつも身に着けて
おきたいのに、高いものだと気を使って
使いきれないしね」

 

これに、隣の方も高速うなずきをしてました。

 

ネクタイやパンツで例えるなら
高価なもの一枚でなく、安くてもいいから
何個か欲しい

だそうです。

 

高価なもの、良いものを上げれば喜んで
くれるわけではないのですね!

 

男心は難しい(; ・`д・´)

(そんな方ばかりでないと思いますので

その人の価値観をしっかり理解しましょう)
これが、これからバレンタインを楽しむ
皆さんの参考になれば幸いです♪

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。