デスノート2016の評価や期待が高い!キャストやストーリーのあらすじ

Sponsored Link

こんにちは、chanです!

 

2016年秋、デスノートの映画が上映されすね!

 

2006年に最初に実写、映画化されたデスノート、
藤原達也さん、松山ケンイチさん共演で2部作
こちらが大好評で、その後ドラマ化までされました。

 

原作が好きな方でも、好きーって方や、
ちょっと違う( ゚Д゚)って方、
様々な感想を持たれていたと思います。

 

というか、10年も前なんですね!
ちょっと待ってー!時経つの早すぎ!!

 

どうか私の周りだけ、ゆっくり時が進みますように。

 

なんて、くだらないお願いは置といて、

 

今回の作品は、どのような内容になるのか!

 

あらすじ

 

二人の天才・夜神月とLが世を去ってから10年、
2016年の現世が舞台。

 

死神が再び地上にデスノートをもたらし、
前触れ無く人々が死んでいく恐怖の時代が再来。

 

キラ対策本部は「デスノート対策本部」と名を変え
存続しており、新たなるメンバーがデスノートを
発見確保するために奔走していた。

 

その中の一人・「三島創(みしま つくる)」
「竜崎」と名乗る風変わりな青年と出会う。
彼こそは“Lの正当後継者”。竜崎はチーム捜査官に
デスノートが地上に6冊存在することを明かし、
彼らと合流して捜査に協力し始めた。

 

その頃、或る部屋でネットワークを通し世界の
行く末を眺めている若者「紫苑優輝(しえん ゆうき)」は行動を開始。
直後、全世界に“キラウィルス”と言う名の
コンピュータウィルスが拡散し、大混乱に陥る。

 

“キラウィルス”は各端末にメッセージを表示する。

「デスノートの所有者に次ぐ 速やかに私に差し出せ」

 

今度のデスノート所有者は誰なのか

「死神」は所有者と共にいるのか

6冊のデスノートが全て一つに集まった時、
何が起きるのか

 

謎に包まれた混迷の時代、三人の天才たちは
知力と死力を尽くし、熾烈なノート争奪戦に
身を投じていく。

 

 

分かっていただけただろうか、
完全オリジナルである。

 

6冊って、この世を破滅させるつもりか!

 

Sponsored Link

キャスト

 

今回は10年後という事もあり、サイバーテロも
行われる。そのキャラクターの名は「紫苑優輝」
なんとキャストはauのCMの鬼ちゃんで有名な
菅田将暉さん!

 

鬼ちゃんではチャラっとしたキャラを演じている
彼ですが、今回はもしかして、まじめな彼が見れるかも!?

菅田将暉の鬼ちゃん撮影裏話がかっこいい!彼女や本名をまとめてみた

 

「三島創」を東出昌大さん、
デスノート対策本部の特別チーム捜査官という役で

 

「竜崎」を池松壮亮さん、
Lが遺した遺伝子を受け継いだ“ Lの正当後継者”。

 

キャストが中々豪華ですなぁ!

 

出演者の方々の意気込みとして、前作の映画を
どう超えていくかを意識しているようです。

 

池松さんなんか、「やるからにははるかに凌駕する
つもりで頑張ります。ダメだったら
ネットで叩いてください!」

 

とコメントしています!

 

やる気と自信が満ち溢れています。

137445

 

周りからの評価

 

それに対する周りの反応はこんな感じです。

 

 

絶対面白いだろうという声が多々あり、
皆さんの期待度がうかがえますね!

 

私もオリジナルという事で、原作のことを
あまり気にせず、楽しく観れると思います!

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')