犬の躾が難しいと思った体験談!トイレの仕方を教えたいと思う出来事

この記事は3分で読めます

Sponsored Link

こんにちはー!

 

2016年の1月からアメリカのメリーランドで
生活しています。

 

ここは前住んでいたところと違って
木が多く、周りは一軒家ばかりで、皆仲良し!

 

鍵なんて開けたまま出かけるし、夜もカーテン閉めない!

 

勿論玄関はないので、靴で家に上がります。
しかし、常に靴という訳でなく、裸足になったり、
靴下だったり、ワンちゃんにいたってはうんこしたり。

 

それぞれ色々な生活スタイルがあります。
靴で入るところに靴下の人と、裸足の人と、うんこの犬と。

 

 

日本では考えられないし、潔癖の方は無理だと
思います。

 

私は潔癖でないうえに、慣れるのが尋常でない
くらい早いため、すでに違和感を持っていません。

 

しかし、そんな私でも、ちょっと引く事がありました。

 

事件

 

私は現在、語学学校に通っています。
(そのことはまた後日書いていきたいと思います)

 

9時から14時半まで、
英語で言えば

Nine o’clock to half past three.

なぜ英語で言ったかというと、覚えたてだからです。

 

それ以上の理由も、それ以下の理由もありません。

 

ただ、これで察してしまったかもしれませんが、
わたくし、英語はほとんどしゃべれません。
中2レベルです。

 

勿論毎日英語の生活です。

 

私のスキルは日々上がっています。

 

なんとなく、わかったフリをするというスキルが。

 

「ふ~ん・へぇ!・ははは」

 

これで乗り越えます。

 

とにかく、そんな状況を打破するべく、学校に
通わせてもらっているわけです。

 

そして事件はその学校から帰ったときに
起こりました。

 

 

 

 

何かがおかしい。

 

 

私の部屋は7畳ほどの広さで、机があり、
ベットがあり、絨毯があり、タンスがあり。

1453516191009

日本で一人暮らししていた時より、断然いい暮らしをしているような気がします。

 

勿論借りている部屋、綺麗に使っています。

 

なのに、それなのに

 

これは何だ……

 

DSC_1301

Sponsored Link


 

どうしてこんなものが落ちているのだ。

 

確かに、昨日、ミカンを部屋で食べた。
おなかが空いていたのだ。

 

しかし、そのカスは確かに、間違いなく、
ホストファミリーが用意してくれた、
私に似つかわしくないピンクの
ごみ箱に捨てたはずだ。

 

朝はこんなことになってなかった。

 

恐る恐る拾ってみる。

固かった。

固くなっていた。

 

しかし、それ以外変化なし。

 

そして、かすかに開いているごみ箱。

 

この時、私はピンと来た。

 

奴だ、奴しかいない。

 

私の部屋に無断で入り、許可なくゴミ箱をあさり、
ピンポイントでミカンの皮を取り出す人物。

 

 

いや

 

 

そう、MAXだ。

DSC_1256

(容疑者のお尻)

 

アズマックスではない。マックスとは、何回か
このブログ内でも出てきたかもしれないが、
この家の家族の一員で、この部屋をトイレと
勘違いしている私の宿敵だ。

 

“トイレと勘違いされている”

 

そう、以前、私の目を盗んで部屋に侵入し、
あろうことか絨毯に排泄したのだ。

 

しかもだ。

 

片付けやすかったから、まだ大でよかったと
捉えるべきなんだろうが、しばらく落ち込んでいた。

 

それ以来、部屋のドアはきっちり閉めることを
ホストファザーからきつく言われた私は、
しっかりそれを守ってきた。

 

しかし、今日は急いでいた、家を出る10分前に
起きてしまったのだ。

 

くそ、ちゃんと閉まってなかったのか
建付けを直してほしい。

 

私はあわてて排泄されてないか探す。

 

……大丈夫だ。

 

もしかしたら今回はミカンが目的だったのかもしれない。

 

もしかしたら、する前にホストファミリーが
連れ出してくれたのかもしれない。

 

私は安堵しながら、ホストファミリーにお礼と
謝罪をするためにドアを開けた。

 

 

グシャァ

 

 

不快な感覚と共に目の前に広がったのは、

 

MAXのアレだ。

 

 

勿論“大”

 

 

あいつ!
部屋の前でうんこしてやがった!( ゚Д゚)

 

その時、自然と「オーマイガー!」と叫んだことに、
だいぶアメリカに馴染んできたなと、思った。

 

 

悲しいような

嬉しいような

悔しいような

 

結局、MAXにとって、私は便器以外の
何者でもないのかと落ち込んだ。

 

でも、私が食べ物を持っている時だけ、彼は
私に優しくしてくれる。

 

ウルっとした目で見つめてくるのだ。

image

可愛い

 

この食いしん坊屋さんめ

 

あげないけどな!

 

食い意地なら負けぬ!( ゚Д゚)

 

今日も彼は子供たちと、楽しそうに遊んでいます。

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。