ベイマックス脚本のダニエル・ガーソン死因は脳がん!脳腫瘍の症状とは

Sponsored Link

こんにちは!chanです!

 

皆さん、ディズニーの映画は好きですか?

 

私は何年か前にラプンツェルを観て
「すっげー!」
と、ガキっぽい感想を言ったのを覚えています。

 

 

その中でも人気だったベイマックスやモンスターズ・インク

 

これらの脚本を手掛けたダニエル・ガーソンさんが
亡くなっていたことが分かりました。

 

 

Daniel Gerson(ダニエル・ガーソン)

 

職業:作家・エッセイスト、声優・ナレーター

出身地:アメリカ

別名:ダン・ガーソン、Dan Gerson、Daniel “Dan” Gerson

 

有名な脚本は

・モンスターズ・インク

・モンスターズ・インク3D

・モンスターズ・インクユニバーシティ

・ベイマックス

です。

image (20)

ベイマックスはまだ記憶にありますね。
すごく人気の高かったものです。

 

しかし、ダニエルさんは亡くなったのでしょうか。

 

 

死因

 

享年49歳、まだ亡くなるには早過ぎではないでしょうか。

 

男の人は30から、40からってよく耳にします。

 

しかし、彼は重たい病気にかかっていたのです。

 

脳がん

 

戦いの末、2016年2月7日に亡くなったと
いいます。彼はロサンゼルスの家で
静かに息を引き取りました。

 

彼に家族がいたかどうか調べてみましたが、
私が見た海外のニュースにも、サイトにも
そのことは書いていませんでした。

 

ベイマックスは家族愛をテーマにしているので
どうしてあのような良い作品が作れたのか気に
なりましたが、もしかすると、結婚されていないか、
離婚しているかもしれませんね。

 

これは憶測にすぎませんが……。

 

また、あのように心温まる物語がもう作って
もらえないと思うと、他人事に感じません。

 

寂しい思いでいっぱいですが、今は彼のご冥福を
お祈りしたいと思います。

 

脳がんとは

 

まず、今回分かりやすく脳がんと
書きましたが、そのような単語は存在しません。
脳腫瘍といいます。

 

脳腫瘍も皆さん聞いたことあると思います。

 

今回、なぜこれを書いたかというと、皆さんにも
気を付けてほしいからです。

 

初期段階で病院に行くことだ大切です。

 

悪性脳腫瘍症状

頭痛の程度が徐々に強くなったり、
嘔吐の頻度が増えてきたり、
歩き方や話の内容や話し方がおかしくなったり

 

その場合には早めに医師の診察を受けましょう。
このような症状は脳腫瘍以外の原因でもおこることが
あるので、確定ではありません。
しかし、注意が必要だと思います。

 

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')