ライナーノーツで浜崎あゆみのCDが楽しくなる!浅田真央ちゃんも執筆!

この記事は2分で読めます

Sponsored Link

こんにちは!chanです!

 

最近、英語の曲ばかり聞いていて、日本の曲が
恋しくなっている今日この頃。

 

皆さんどうお過ごしですか?

 

最近、浜崎あゆみの『A BEST』の15周年記念盤
『A BEST -15th Anniversary Edition-』Deluxe Edition
オリジナルライナーノーツ、寄稿文が掲載されることが発表されました。

image (23)

『A BEST』とは、浜崎あゆみファンの方なら
ご存知と思いますが、2001年3月28日に発売され、
500万枚以上を売り上げたCDです

 

では、そのライナーノーツとはなんなのか、
初めて聞いたときに頭に「???」
浮かんだのは私だけじゃないと信じたい!(笑)

 

なので、今回はこの「ライナーノーツ」について
紐解いていきたいと思います。

 

 

ライナーノーツとは?

 

え?なに、ライナーノーツって?
これがわからないと、良さというか、根本的なものがわからない!

 

これは簡単に言うと、

関係者によって本人の事が書かれる、
解説書のようなものです。今回で言うと
浜崎あゆみさんのことですね。

 

内容としては、楽曲の音楽的な解説や
レコーディングのエピソード、時代背景や影響を
受けたと思われるアーティストや作品といったものまで様々です。

 

なので、通常は音楽ライターやレコーディングの
関係者などによって執筆される場合が多いようです。

 

他にも、音楽に詳しいコラムニスト、
そのアーティストに影響を受けた別のアーティスト、
その作品に関わった演奏者や編曲者、
プロデューサー、シンガーソングライターの方なら、
歌手自身が書き記していることもあり、その場合は
セルフライナーノーツと呼ばれています。

 

それがCDに冊子で付いてきます!

 

その冊子のことをライナーノーツと呼びます。

 

 

ライナーノーツの楽しみ方は人それぞれですが、
自分の知らない情報が分かるので、大切に
されている方も多く、読んでから聴く者、
「先入観を持たずに聴きたい」と言う理由で
全曲聴いてから読む者、聴きながら読む者と
読み方も違ってきます。

 

さて、今回のライナーノーツのことですが、
知らない人はいないと思われるくらい、有名で
人気の高い浜崎あゆみさんのライナーノーツは
とても、注目を集めています!

Sponsored Link


 

ライナーノーツ・著作者

 

注目を集めている理由の2つ目に、著作者が
豪華という事があげられています。

 

その方々とは!?

 

浅田真央(フィギュアスケーター)

仲里依紗(女優)

古市憲寿(社会学者)

藤井美保(音楽ライター)

宇野維正(音楽/映画ジャーナリスト)

 

5人も!( ゚Д゚)

 

浅田真央さんと仲里依紗さんはライナーノーツを
書くのは初めてだそうです。

 

 

コメント

■浅田真央

「浜崎あゆみさんは、大好きな方であり、尊敬する方でもあり、憧れている方でもあります。心に響く歌詞を作り、歌っている姿だけでなく、浜崎あゆみさんが演じる世界観、可愛いさ、美しさ、かっこよさ、せつなさ、力強さ、と色々な表現をし、多くの方を魅了し続ける姿も、大好きです。私自身も、フィギュアスケーターとして、そうなりたいと思ってきました」

 

■仲里依紗

「小学生の頃からあゆが大好きで、憧れでした。大人になったいま、洋楽ばかり聞いているけれど、あゆだけは聞き続けています。大好きなあゆのライナーノーツが書けるなんて、断る理由がありません」

 

このようにコメントしている二人。

 

これはCD以外にも楽しみが増えましたね!

 

Sponsored Link


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。