近江陽一郎(おおみよういちろう)彼女や兄弟を調べた!D-BOYS引退理由

Sponsored Link

こんにちは!chanです(*’▽’)

 

最近になって、分かったことがあります。
それは、いつもホストファミリーが言っていた
「フォンコン」
つまり、香港についてです。

 

整体の勉強をされているママさん。
お昼頃になると、電話で講習を受けています。

 

その時にいつも「1時から香港だから」
英語で言われてきました。

 

日本と中国で学んでいたことを知っていたので、
香港の先生にまで教えてもらって、なんて
意識の高い方なんだ!
と感動していました。

 

しかし、最近、電話先が香港でないことが
明らかになりました!

 

まさか、まさかの不倫相手!?
とかではなく、相手は日本の整体師。
そう、ママさんがずっと私に言ってきた
「フォンコン」
とは、香港ではなく、phone call
フォン コール……えー( ゚Д゚)

 

なんてこった!
本当に、単語は知っているけれども、の本陣の
発音と全然違うから、本当に聞き取れないんです!

 

日常でショックなことがありましたが、それを
乗り越え、今日もツラツラと書いていきたいと思います。

 

 

D-BOYS近江陽一郎が脱退

 

2016年3月1日に、本人のブログが
更新されました。その内容はあまりに突然で、
衝撃的な物でした。

 

近江陽一郎さんは2016年3月31日をもって
俳優集団D-BOYSを卒業することが、そのブログに書かれてあったのです。

 

 

近江陽一郎(おおみよう いちろう)

yjimage (42)

生年月日:1989年4月5日(26歳)

出生地:埼玉県

身長:180 cm

血液型:A型

職業:俳優・タレント

ジャンル:舞台・テレビドラマ・映画

活動期間:2010年~ 2016年

事務所:ワタナベエンターテインメント

 

有名なところで言えば、
・ミュージカル忍たま乱太郎の食満留三郎役
・ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン森辰徳

とかですね!

 

 

卒業の理由

 

今回、急な卒業ですが、その発端は2,016年に
入ってすぐの祖母の死去でした。

 

今まで元気だったのに突然の死だったそうで、
それがきっかけで祖母の人生を振り返り、
関わりを持つ色々な人と話しているうちに
いつもニコニコで人生悔いなく生きたであろう祖母。

 

自分も悔いは残したくないと思い、
ずっと思い描いてきた夢に向かって歩き出したいと思ったそうです。

 

その夢のことを本人は語っていませんが、
今の仕事とは全く別の事だそうです。

 

新たな道に進むという、大きな決断をした彼を
笑顔で送り出したいですね。

Sponsored Link

 

彼女は?

そんな彼、支えてくれる彼女がいるんじゃないかと
探してみましたが、そのような情報はないようです。

 

しかし、好きなタイプは公表していて
・純粋
・優しい
・真っ直ぐ
・引っ張ってくれる人

だそうです。

 

かなり癒してもらいたいみたいですね!
デートとか言ったら、彼女のわがままを
はいはいと、聞いてくれそうね感じですね!

 

 

兄弟

今回の事で、ご兄弟はいらっしゃるのか調べて
みたところ、弟さんがいらっしゃるそうです。

 

近江陽一郎さんはハイテンション&天然キャラで
読書や動物が好きだそうです。

yjimage (41)

 

弟さんとは似ているのでしょうか?

 

 

最後に

 

近江陽一郎さんのブログは3/31をもって
閉鎖されてしまいます。

 

彼の覚悟やファンの方に対する思いなどを
消したくないと思ったので、ここに書かせていただきます。

 

こんにちは、近江陽一郎です。

 

突然の報告になり、申し訳ありません。

 

私、近江陽一郎は、2016年3月31日で、俳優集団D-BOYSを、そして芸能界を、卒業致します。

 

今まで支えてくれた人、助けてくれた人、待ってくれている人たち、そして応援してくれている皆さんを裏切る行為になるんじゃないか。

 

今、卒業しても10年後の自分は本当に後悔しないのだろうか。

何度も考えて、出した結論です。

 

実は、2016年になってすぐ、祖母が急死しました。

前日まで元気で、親族や友人たちと集まって楽しく新年会をやっていたそうです。

本当に急なことだったので驚きました。

 

ですが、考えてみると、祖母は70代になっても、息子や孫、友人たちと大好きなゴルフや温泉旅行に行って、思いっきり笑って遊んで、人生を最後まで全力で楽しんでいたんじゃないかなと思います。

後悔はしていないと思います。

 

祖母との思い出は、いつも笑顔なんです。

だから、羨ましいくらい素晴らしい人生だなって思えたし、葬儀には本当にたくさんの人が来てくれました。

 

祖母との楽しかった話を、たくさん聞かせてくれました。

素敵な写真を、山ほど見せてもらいました。

 

自分も悔いは残したくない。

祖母の人生を見ていたら、そんな気持ちが強くなりました。

 

実は、学生のころから思い描いてきた夢があるのですが、それは今とはまったく違う仕事で、そこに挑戦できずにいることが、ずっと心のどこかで引っかかっていました。

 

芸能界では、自分のやれることを精一杯にやってきたつもりです。

かっこ悪くても、自分なりに足掻いてきました。

やり残したことはありません。

 

むしろ、昔からの夢を見て見ぬ振りしてしまうほうが、いつか後悔してしまうと思うんです。

今が、ラストチャンスなんです。

 

こういった考えから、新たな道に挑戦するため、このタイミングで芸能界を卒業する決心をしました。

 

まだまだ、これから先も辛いことや苦しいことがたくさんあると思います。

でも、今日のこの気持ちを忘れずに、これから先も一生懸命に生きていきます。

温かく送り出してくれたら嬉しいです。

 

芸能界で過ごした時間は、嬉しいことも、辛いこともありましたが、本当に幸せでした。

 

自分を支えてくれた関係者の方たち、家族、友人、そしてなにより、応援してくれた皆さん、決して大げさではなく、誰か1人でも欠けていたら、今の自分はここにいません。

 

20歳で芸能界入りし、今日までいろんなことがありましたが、この7年近い時間は、一生忘れることのできない、とても大きな宝物になりました。

 

本当に、ありがとうございました。

そして、これから先もどうか、よろしくお願いします。

 

近江陽一郎

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')