Menu
Close 

   

ジャガー横田の息子の小学校はどこ?受験する中学の偏差値やスッキリで紹介された勉強法も!

 








この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')

2018年12月にスッキリで紹介された木下大維志(きのしたたいし)君の中学受験。

偏差値40の大維志君が偏差値71の超難関中学校の広尾学園の受験に挑戦するまでの姿を追いました。

元レスラーのジャガー横田さんと、お医者様の木下さんの息子で注目を集めている小学生でもあります。

今回は大維志君の小学校や、もともとの偏差値が低い理由、そして受験の合否を紹介します!

また、家でできる集中できる環境作りや勉強法は、子供だけでなく、大人にも通じるものがありましたので、これも知っていたほうが良いですよ!

 

木下大維志君の小学校と偏差値は?

木下大維志君が目指している中学校は「広尾学園」と言って、都内の私立の中で一番人気が高いのです。

その理由は、大維志君も生きたがっている「医進サイエンスコース」というのを数年前から取り入れていることにもあります。

医者になりたいと思っている子どもたちが「絶対にそこのコース行きたい!」と勉強していくようなコース、そして勉強するにあたって充実した環境を整えている中学校なのです。

また、可愛い子も多いので、彼女もほしいということで・・・中学生活ではそれも期待できますね♪

 

しかし、広尾学園はレベルが高い!

  • 偏差値71
  • 倍率17倍
  • 大維志君のスタート時の偏差値40

大維志君が受験に受かるためには30も偏差値を上げる必要があります。

点数で30点ならなんとかなりそうなものですが、偏差値で30点上げるには相当な努力とやる気、メンタルが必要です。

ん〜、これはきついですね、大丈夫かな大維志君。

しかし、大維志君の学歴をたどると、彼が本当はすごい子だったということに気づきますよ・・・!

 

偏差値が低い理由

木下大維志君は偏差値が40と言われていますが、決して頭が悪い子というわけではありません。

むしろ、私からしてみれば、頭がいい子の部類に入ります!では、私が「大維志君凄い!!」と思った彼の経歴をご紹介いたします。

 

たいし君の経歴

  • 2006年11月29日 ハワイ・ホノルルにて大維志君を出産
  • 父親の木下さんから、英才教育を受けるようになる
  • 3歳から勉強をするような幼稚園に入園
    (インターナショナルスクール)
  • 英語も話せて国語と数学の塾に通い、苦手克服にも励んでした
  • 2016年大維志君が9歳の時に、日本の小学校へ編入
  • インターナショナルで長い間過ごしていたため、かなり戸惑っていた
  • ※日本の小学校へ編入した理由は将来の夢である「医者」になるため
  • 周りの環境に恵まれ、なんとか精神的にも持ちこたえた大維志君
  • そして2018年、中学受験に挑戦することになった

 

よく考えたら、インターナショナルで長い間過ごしていたのを、いきなり日本の学校に変えてまだ2年しか経っていないのですよ

それなのに、難関中学校の広尾学園を目指したいと思い、それを親が支えようとするのは「大維志君ならできる」と信じているからでしょう。

逆に、勉強の仕方や勉強内容がガラリと変わったにもかかわらず、ここまでついてこられているのは凄いことです。

 

小学校はどこ?

その木下大維志君が日本の学校に来て戸惑っている時に助けてくれた、担任やクラスメイトの方々。本当に良いところに編入できましたね!

そんな彼らと過ごした小学校は私立、大維志君は入試を受けて編入しています。暁星や慶應小学校の可能性が高いと言われているようですね。

なぜ、そのように言われているのか、情報を探しましたが、見つけることができませんでした。

しかし、火のないところに煙は立たないので、その小学校に通っている可能性は高いとみています。

はっきり公式で 発表された訳ではありませんので、また正確な情報が出ましたら追記していきますね。

 

中学受験は合格?不合格?

模試が悪くて凹んだり、悔しんだり、頑張ろうって張り切ったり、結果が出て嬉しかったり。

大維志君にとって心を鍛えて育つような軽々をこの数ヶ月でたくさんしています。それがスッキリで放送され、私も自分の息子を応援するような気持ちでテレビを見ています。

 

もう絶対に合格してほしい!!

 

人生に絶対はないので、今の所なんとも言えませんが、彼の努力が報われることを信じて応援したいと思います。

また、結果が出ましたら追記していきます。

 

家でできる環境作りと勉強法!

木下大維志君が受験のために偏差値30上げるために「周りの環境」と「勉強法」を工夫しています。

まずはテレビで紹介された、家で簡単にできる「勉強に集中できる環境」の作り方をご紹介します。

  • 机の目の前に勉強のポスターは置かない!
  • 利き手の反対側に好きなものは置かない
  • 本棚は本の教科ごとに分類して探しやすく
  • 本棚の整理は自分でして親は手を出しすぎない

簡単にできる環境作りです。

他にも机を部屋の真ん中においたり、本棚は右手の方に、おもちゃや好きなものは見えないところに片付けることも大切です。

 

ダイアログ学習法

先生に教わったことを教え返す、つまりインプットとアウトプットですね。

これを予備知識のない家族に1から教えることで、自分の理解を深めることに繋がります。

子供が学校から帰ってきたら、「今日はなにを勉強したか教えて?」と聞いてあげると自然とダイアログ学習法になりますね!

 

記号読解法

  • 接続詞「しかし、つまり」に記号を振ることで要点をつかみやすい。
  • 「だから、例えば」にも記号を振ると読み返しやすい。

社会人になった後に、文章を読むのが苦手な方にもおすすめです!

私もやってみましたが、文章が読みやすくなり、サラッと読んで読み間違えることも少なくなりました。

ぜひやってみてください♪

他にもやる気をアップさせるために、希望校を歩き回り、楽しいイベントに参加する。

そしてその写真を部屋に貼ると、イメージが膨らみ、やる気もアップです!

 

まとめ

今回は木下大維志君の中学受験について着目していきました。

もうすぐ受験・・・私もドキドキ!大維志君にはご両親と塾の先生と、テレビの前で応援しているたくさんの視聴者がついていますからね!

皆応援しています!

頑張ってください!素敵なバラ色中学生活を送るためにも、医者になるためにも!^_^

この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')
 

Copyright© chan-blog , 2018 All Rights Reserved.