Menu
Close 

   

須藤美青(みお)の出身高校や経歴は?母親や身長も気になる!

 








この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')

2019年元旦のウルトラDASHに出演した須藤美青(すどうみお)さん。

華麗に宙を舞う”ラーメン湯切り”スゴ技を披露して注目を集めました。

見ていて美しさを感じますよね!

今回はそんな須藤美青さんのプロフィールや出身高校と経歴、そして彼女の母親についてもご紹介いたします。

須藤美青のプロフィール

  • 名前:須藤美青(すどうみお)
  • 生年月日:1999年11月28日
  • 年齢:20歳(2019年)
  • 出身地:栃木県

須藤さんはスラックラインの選手です。

スラックラインとは

スラックラインとはベルト状のラインの上を歩いたり飛んだりする綱渡りスポーツのこと

始めるのは誰でも簡単にできますので、是非挑戦してみてください♪

簡単に始めるセットも売っているんですね。

須藤さんがこの競技を始めたのは小学5年生の頃。

今ではかっこよく技を決めています!

身長が気になる

19歳の須藤さん、あんなにぴょんぴょん飛び回るので、身長も気になるところです。

 

View this post on Instagram

 

2018年、女性版SASUKE『KUNOICHI』 見てくださった皆様ありがとうございました!☺️ 最年少でレッドステージクリア出来て嬉しかったです☺️ 前回落ちてしまったトランポリンを川口さんに重点的に教えていただいて✨たくさんアドバイスありがとうございました! トレーナーの中島先生のおかげで体もバッチリで挑めました! 次回また参加できるように&完全制覇目指してがんばります 長野誠さんやSASUKEの皆さんにお会いできてとても嬉しかったです✨☺️ #slacklineIndustries #slackind #exaler #kttape #SAKAImed #スラックライン #slackline #dcshoes #gopro #miosudo #KUNOICHI #SASUKE

Mio Sudoさん(@mioslack)がシェアした投稿 –

男性と並ぶとこんな感じ!

この方の身長はわかりませんが、差は20cm以上ありそうですね。

男性が身長高くて180cmあったとしたら150〜160cmくらいでしょうか。

 

出身高校や経歴は?

出身高校は栃木県の作新学院高等学校です。

偏差値も高く、進学率や進む大学は良いところばかり、須藤さんは文武両道ということがわかりますね。

この学校を卒業した有名人は

  • 斉藤和義(シンガーソングライター)
  • 萩野公介(競泳選手(リオデジャネイロ、ロンドン五輪代表))
  • 東京ぼん太(お笑い芸人)
  • 藤水名子(小説家)

とスポーツ選手から小説家までいらっしゃいます。

そんな高校を卒業したので、どこの大学に進学したのか気になっていましたが、なんとスラックラインするためか大学に進学しています。

小学校の頃から日本オープンや数々の大会に出場。

そして中学3年の時にWSFed(世界スラックライン連盟)の世界ランキング1位という快挙を成し遂げました!凄いですよね。

かっこい〜〜〜!このスラックライン、ここまで来ると凄いけど、始めるのは簡単なので、ぜひやってみてください。

須藤さんも始めたのは小学校の頃、そしてここまで凄い選手に育っていますが、そのきっかけとなったのは、母親でした。

 

母親についても

須藤さんがスラックラインを続けるきっかけとなった母親についても気になりますよね。

実は母親もスラックラインの凄腕選手という噂があります。

 

というのも、須藤さんが関節を怪我してしまった時に、もうスラックラインができないと思っていたらしいのですが、母親が楽しくスラックラインをする姿を見て、自分ならもっとできる!と感じたんですって。

それで練習を続けて、世界1位になっちゃうんですから凄いですよね!

 

この素敵な母親や、須藤さん自身についてもまた情報が出ましたら追記していきますね♪

この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')
 

Copyright© chan-blog , 2019 All Rights Reserved.