Menu
Close 

   

【3年A組】ブッキーがSMSでお金を集める理由は?50億を何に使うのか

 








この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')

3年A組ももう終盤・・・これから一体どうなっていくのか、楽しみですよね!

しかし、最初の頃から柊先生がSMSで視聴者にお金を募っています。

目標は50億円、この50億円は一体何のために使う予定なのでしょうか?

ブッキーが人質を取って立てこもっている理由がわかってきた今、そのお金を集めている理由も少しずつ見えてきそうですね。

では、今回は「ブッキーがお金を集めている理由について」考察していきましょう。

ブッキーがお金を集めている理由は?

ブッキーがお金を集めているのは一体なぜなのでしょうか?

SMSで5,000万人の方が視聴する中、1人100円ずつ寄付することを要求し、50億を貯めようとしています。

確かに、SMSの閲覧料と考えるとかなり安いですし、それで生徒が助かる見込みがあるなら100円位払いたくなりますよね。

しかし、一体貯まった(まだ貯まっていない)50億円は一体何に使う予定なのでしょうか?

 

治療費にあてるつもり?

ブッキーには残された時間がもうない、ということは本人も言っています。

病気については詳しくまだ語られていませんが、1話のときから薬を飲んでおり、きになっていました。

ネットでは「癌ではないか」という声が多く寄せられています。

末期の癌になって、それを知りながら放置したことがないので、あんな感じで苦しいのかどうかはわかりません。

お金を貯める理由はその病気に当てるためなのではないか、という考察です。

しかし、生徒を人質にして、周りにもう時間がないと言っているブッキーが自分のためにお金を集めるのは考えにくい・・・ということで、この杏は私の中で却下です。

 

生徒たちのため

これまで生徒たちが明らかにしてきた問題はいくつもありました。

その中で甲斐隼人(片寄涼太)の母親も重い病を抱えていることが明らかになっています。

甲斐くんはこの方!

きれっきれ♪

作中でも、ダンスが得意な生徒でしたよね。

他にも問題を抱えている生徒がたくさんいて、そんな生徒のためにお金を集めている可能性もあります。

しかし、自分出前を向けというスタンスのブッキーが、特定の生徒のためにそこまでするのかな?しかも、50億も・・・この考えもちょっと違う気がします。

 

ただ単に注目を集めたかっただけ

注目を集めたいというのは納得がいきますね。「目的は金じゃない」とも言っています

お金をかけさせることで、他人事から自分事になり、そうすると注目も格段に高くなります。

7話では「先生の悪事を暴いてくれるのは、ネットの皆さん」というような声掛けも行い、世間を巻き込もうとしているのはよくわかります。

ただ、なぜここまで注目を集めているのか、何がしたいのか、それで結局集めた50億はどうしたいのか・・・わからずじまいな感じです。

「50億」という金額を集めるのには、また別の目的があるように思えるんですよね・・・。

 

彼女のために

彼女だった「相良先生」はしきりに「私のためにこんなことはやめて」と言っていました。

ここでお金が絡んでくる可能性もあるのかなと思っていましたが、武智先生の一件で、それがはっきり!

相良先生は景山と同じようにフェイク動画を作っていました。

生徒とラブホに行くフェイク動画・・・そんなものをSMSで流され、教師を退職することになったのです。

そのために心まで病んでしまい、家で引き込まってしまったわけですが、ここもお金とは関係なさそうですね。

まとめ

今回はブッキーがなぜ身代金を集めているのかの考察をしてみました。

いろいろな理由を考えましたが、本人も言う通り、「お金が目的ではない」のではないでしょうか?

つまり、お金を集めている理由は「他人事と思わず、世間の注目を集めたいから」なのでは・・・。

もしかしたら他にも理由があるかもしれませんが、またわかりましたら追記していきますね!

この記事を書いている人 - WRITER -
オペアでアメリカのメリーランド州にいます! よくいくところはワシントンDCです♪ここでは、私の好きなことや、疑問に思ったこと、体験談をあげさせていただきたいと思います。 まだしばらくアメリカにいるので、オペアの事やアメリカの事で何か質問がある方はお気軽にどうぞ(*'▽')
 

Copyright© chan-blog , 2019 All Rights Reserved.